株式会社登記書式集(Part2)・各種登記申請書・添付書類の書式・雛形(ひな形、ひな型)
>>TOP
>>総合目次
>>株主総会議事録
登記申請書・議事録・委任状・添付書類・契約書・書式雛形・文例・書式・書き方・テンプレート・記載例

TOP
総合目次
Link



「株主総会議事録」の文例
このページは、株式の譲渡制限規定の設定登記 に必要な書類の書式
「株主総会議事録」の書き方・文例・書式・雛形(ひな形、ひな型)・テンプレート・フォーマットを提供しています。
株主総会議事録

平成○○年○○月○○日午前○○時○○分より、当会社本店会議室において株主総会を開催した。

当会社の株主総数
○名
発行済株式総数
○○○○株
総株主の議決権の数
○○○○個
出席株主数(委任状による出席者を含む)
○名
この持ち株総数
○○○○株
この議決権の総数
○○○○個

出席役員
 代表取締役 甲野一郎  取締役 甲野二郎  取締役 甲野三郎

議長 代表取締役 甲野一郎

議事録作成者 代表取締役 甲野一郎

上記のとおり、定足数に足る株主の出席があったので、代表取締役 甲野一郎 は議長となり、議長席に着き開会を宣した後、次の議案を付議した。

第1号議案 定款一部変更の件
※株主総会に先立ち、公告・通知等の措置を講じていることを想定

議長は、株式の譲渡制限規定を設置するために、当会社の定款に下記の規定を追加し、次条以下を一条ずつ繰り下げたい旨を述べ、その詳細を説明した。議長は、定款の一部変更につき、その賛否を議場に諮ったところ、満場一致をもってこれに賛成した。よって、議長は、次のとおり承認可決された旨を宣した。

 (株式の譲渡制限)
 第○○条 当会社の株式を譲渡によって取得するには、取締役会の承認を要する。

議長は、以上をもって本日の議事を終了した旨を述べ、午前○○時○○分閉会した。以上の決議を明確にするため、この議事録を作り、議長及び出席した取締役が記名押印する。

平成○○年○○月○○日

 株式会社○○○○ 株主総会

議長・代表取締役
甲野一郎 
出席取締役
甲野二郎 
出席取締役
甲野三郎 



株式の譲渡制限規定の設定登記について
このページは、 株式の譲渡制限規定の設定登記 に必要な書類の書式
「株主総会議事録」の書き方・文例・書式・テンプレート・サンプルを提供しています。

▼ 株式の譲渡制限規定の設定登記に必要な書類の書式一覧
株式会社変更登記申請書 (株式の譲渡制限規定の設定登記) 
株主総会議事録 (株式の譲渡制限規定の設定登記)
登記申請用委任状 (株式の譲渡制限規定の設定登記)
登記すべき事項を記録した磁気ディスク・OCR用別紙
(株式の譲渡制限規定の設定登記)


株式の譲渡制限規定の設定登記について
「株式の譲渡制限」
会社の株式は、本来、自由に譲渡できるものですが、次のように定款で定めることにより、譲渡を制限することが出来ます。

(例 1)株式の譲渡制限に関する規定
  当会社の株式を譲渡により取得するには、取締役会の承認を受けなければならない。

(例 2)株式の譲渡制限に関する規定
  当会社の株式を譲渡により取得するには、株主総会の承認を受けなければならない。

「株式の譲渡制限に関する規定を設定・廃止した場合の変更登記」
株式の譲渡制限に関する規定を設定・廃止した場合には、その変更の登記が必要になります。

「株式の譲渡制限に関する規定を設定・廃止した場合の登録免許税」
株式の譲渡制限に関する規定を設定・廃止した場合の変更登記の登録免許税は、3万円です。

「株式の譲渡制限に関する規定の設定・廃止と定款変更について」
株式の譲渡制限に関する規定の設定・廃止をするためには、定款の変更が必要です。定款の変更には株主総会の承認が必要です。

「登記すべき期間(登記期間)」
会社の登記は、原則として登記をしなければならない期間(登記期間)が定められています。株式の譲渡制限に関する規定の設定・廃止をする旨の定款変更を行った場合には、2週間内に変更登記の申請を行わなければなりません。 登記期間内に登記の申請をおこなわず、登記期間をすぎた後に登記の申請をおこなっても、申請は受付けられますが、過料の制裁に処せられる可能性がありますので注意が必要です。



登記申請書・議事録・委任状・添付書類・契約書・書式雛形・文例・書式・書き方・テンプレート・記載例
TOP     総合目次     Link     プライバシーポリシー
  Copyright (C) 2008 株式会社登記書式集  All Rights Reserved.
http://touki.honami.info/