株式会社登記書式集(Part2)・各種登記申請書・添付書類の書式・雛形(ひな形、ひな型)
>>TOP
>>総合目次
>>株主総会議事録
登記申請書・議事録・委任状・添付書類・契約書・書式雛形・文例・書式・書き方・テンプレート・記載例

TOP
総合目次
Link



「株主総会議事録」の文例
このページは、会社の継続登記 に必要な書類の書式
「株主総会議事録」の書き方・文例・書式・雛形(ひな形、ひな型)・テンプレート・フォーマットを提供しています。
株主総会議事録

平成○○年○○月○○日午前○○時○○分より、当会社の本店において会社継続に関する総会を開いた。


株主の総数
○○名
発行済株式の総数
(自己株式の数 ○○○○株)
○○○○株
議決権を行使することができる株主の数
○○名
議決権を行使することができる株主の議決権の数
○○○○個
出席株主数(委任状による者を含む)
○○名
出席株主の議決権の数
○○○○個

出席清算人
書式太郎(議長兼議事録作成者)
書式一郎
書式次郎

以上のとおり出席があったので、総会は適法に成立した。よって代表清算人 書式太郎 は、選ばれて議長席につき開会を宣して、直ちに議事を進行した。

第1号議案 会社継続の件
議長は、当会社は平成○○年○○月○○日株主総会の決議により解散し、その登記をしているが、今回、会社を継続して社運の進展を図ることとしたい旨を述べ、その適否をはかったところ、満場異議なくこれを承認した。

第2号議案 取締役選任の件
議長は、会社の継続に伴い、あらためて取締役を選任する必要があるが、その員数及び選任方法は如何にすべきかと議場にはかったところ、出席株主中より取締役には、当会社の解散当時の取締役がそのまま会社継続後の取締役に就任することとしては如何かとの発言があり、議長は、その可否を議場にはかったところ、満場これに賛成し、被選任者も即時就任を承諾したので、議長は、下記のとおり可決確定した旨を報告した。

取締役
書式太郎
書式一郎
書式次郎

以上をもって議事を終了したので、議長は会議の終了を告げ、午前○○時○○分閉会した。

上記の決議を明確にするため、この議事録を作成する。
平成年月日
○○○○株式会社株主総会
議事録作成者 清算人 書式太郎 



株式会社の継続登記について
このページは、 会社の継続登記 に必要な書類の書式
「株主総会議事録」の書き方・文例・書式・テンプレート・サンプルを提供しています。

▼ 会社の継続登記に必要な書類の書式一覧
株式会社継続登記申請書 (会社の継続登記) 
株主総会議事録 (会社の継続登記)
取締役会議事録 (会社の継続登記)
就任承諾書 (会社の継続登記)
登記申請用委任状 (会社の継続登記)
登記すべき事項を記録した磁気ディスク・OCR用別紙 (会社の継続登記)


株式会社の継続登記について
「会社の解散」
会社が解散するケースには、以下のようなものがあります。
(1)株主総会の決議による解散
(2)定款で定めた存続期間の終了による解散
(3)定款で定めた解散事由の発生による解散

「会社の継続」
会社を解散した場合でも、清算結了の登記をするまでは、株主総会の特別決議(継続決議)によって会社を継続させ解散前の状態にすることができます。

「会社の継続と役員の選任」
解散した会社を継続する際には、取締役や代表取締役の選任等、役員の選任手続が必要になります。

「休眠会社のみなし解散」
休眠会社のみなし解散とは、最後に登記があった日から12年経過した場合、法務大臣がその旨を公告し、公告してから2ヶ月以内に何らかの登記をしなかった場合には、当該株式会社は解散したものとみなされる制度のことです。
上記により解散した会社は、解散したものとみなされた後3年以内であれば、株主総会の特別決議により継続することができます。
※株式会社の役員の任期は最長10年です、そのため最低でも10年に1回は役員変更登記をする必要があります。



登記申請書・議事録・委任状・添付書類・契約書・書式雛形・文例・書式・書き方・テンプレート・記載例
TOP     総合目次     Link     プライバシーポリシー
  Copyright (C) 2008 株式会社登記書式集  All Rights Reserved.
http://touki.honami.info/